純国産 備後絣 うす紺立体美マスク(びんごがすりうすこん) | ジョイナス・ナカムラ THE BASE店

1/9

純国産 備後絣 うす紺立体美マスク(びんごがすりうすこん)

¥ 1,980 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

サイズ大/ 縦14cm 横27㎝ 幅6.5㎝
サイズ小/ 縦14㎝ 横26㎝ 幅6.5㎝

職人が、糸を8回も染めその糸を緯糸(たていと)と、経糸(よこいと)に使い作った藍染((正藍))という、生地です。

この生地は大変希少価値が高く、色は、黒色を帯びた濃紺でこの色を、JAPANブルーと、いいます。この色は、日本代表の応援カラーです。

正藍は、備後地方で、かつて盛んに作られた、備後絣に属します。木綿の藍染生地は、日本古来より、夏を代表する素材として、活用されてきた実績があります。高い通気性、速乾性、UVカット効果、防虫効果、抗菌消臭効果を兼ね備えた、快適純国産素材です。

この立体マスクは、天然抗菌、消臭 綿100%純国産の((正藍))を使用し立体デザインを採用、特にこだわったのは、布マスクでありながらフェイスラインをシャープに見せる事です。横幅を一般的なマスクより長く取り日焼けによるお肌のトラブルに考慮し肌の露出を控え、見た目もスッキリ見えるようにしました。
濃い色のマスクで小顔効果もあり、美しい仕上がりになっています。裏地には、国産綿100%晒しを使用しました。

■藍染/備後絣の特徴
備後絣は、1853年備後芦田地方で富田久三郎が創案し、1868年明治元年に、備後絣と名を改め全国に出荷されていきました。
木綿の栽培が、普及し藍染の木綿が、庶民衣服調度品として定着し様々な青色で、彩られました。藍染の布糸で作られた仕事着薬用として、古くから、日本人の生活を支えています。藍染製品は、見た目の美しさ肌触りの良さだけではなく、優れた通気性、抗菌効果、防虫効果、消臭効果にあります。

藍染の葉や種には、古来、河豚中毒の解毒や解熱剤として、使用されるほどの薬効があり、藍染された生地は、虫をはじめ、蛇も近寄らせない程の防虫効果や、汗の匂いを消臭する効果、肌を守る紫外線効果が、確認されています。

現在生産数は、減少していますが、素朴な風合いの絣に、根強い愛着や魅力を感じる人も多く絣を作り出す優れた織物の技術は、現在でも活用され、民芸品などが主流となり生産されています。

近年の研究で藍に含まれる成分が、アトピー性皮膚炎にも効果があると、確認されました。特に、藍に含まれるトリプタンスリン、ケンペロールが有効で、この成分は、食中毒や、インフルエンザなどにも抗菌効果がある事が確認され、更に研究が注目されています。

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 1,980 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品